西川れいちゃんの「銀座コジマに行ってきました」

当サイトのモデルをお願いしているのはレースクイーンやラウンドガールで活躍している西川れいちゃん。忙しい中、ビデオや写真の撮影のために銀座コジマへ来てもらい、2日間タイトなスケジュールで頑張ってもらいました。

撮影1日目

実はこの日は別撮りで身長のほうの施術のプロモーション用ビデオの撮影が行われていました。れいちゃんに実際に身長の施術を体験してもらい、その効果を実感してもらうという内容です。撮影は午前9時前から行われていたらしく、Webサイト制作スタッフが到着した午後1時の時点で1時間半施術を受けて相当まいっていました。

「足が…痺れて…感覚が…無いんですけど…」

続けて計測やコメントなどの撮影を行ってれいちゃんの出番は終わり。テレビの取材並みに大掛かりな撮影が行われたこのビデオは近いうちに身長のサイトでも公開されると思います。

このあと休む間もなく肩幅・骨盤・背骨の矯正施術の様子の写真撮影が始まります。髪をアップにしてちょっぴり大人っぽい雰囲気のれいちゃんが笑顔で施術のモデルを務めます。相当疲れているみたいです。痛くないんでしょうか?「痛くはないんですけど、背骨とか腰骨からゴキッとかすっごい音してます。」
夕方から別の仕事が入っているらしいので今日の撮影はここまでとなりました。

後日聞いたところによると「あの機械に乗った後2日間筋肉痛で大変でした…」とのこと。「あの機械」とは身体矯正装置(ローリングハイトストレッチャー)のことです。でもどうして筋肉痛になったんでしょう???

撮影2日目

2日目は児島院長のインタビュー動画の撮影を行います。児島院長の手が空くまでの間、髪を下げて前回とはガラッとイメージが変わった れいちゃんの写真撮影です。

撮影中彼女が一番興味を示したのは院内のあちこちに置いてある頭蓋骨の模型。確かに普通の生活をしている限り、身の回りに実物大の頭蓋骨の模型がごろごろ転がっている状況というのはありえないですもんね。(院内では女性スタッフも時々分解していろいろ見てますけど…)

れいちゃん
「これってなんか触るのも怖いんですけど…」
スタッフ
「大丈夫だよ。模型だから。ほらこうやって分解もできるし。」
れいちゃん
「……」
スタッフ
「なんならひとつ手に持ってこうやって頬を寄せたポーズの写真でも撮ってみようか」
れいちゃん
「ひえ~いやです。絶対いやです。」

とは言え相当気になったらしく、休憩時に写メで頭蓋骨との2ショット(3ショット?)を撮って自分のブログに投稿していました。

最後にれいちゃんが聞き手となって児島院長のインタビュー動画撮影。今回は家庭用のハンディビデオカメラでの撮影です。 「あまりごちゃごちゃと詳しいことは言わずに要点だけを簡単にわかりやすく説明するよ。」という児島院長の方針だったので、質問を絞ってわかりやすく説明してもらいました。

インタビューの撮影を終えて本日の予定は終了。れいちゃん2日間本当にお疲れ様でした。